シリアの若者に日本での教育機会を提供するためのクラウドファンディング開始

この度、パスウェイズ・ジャパン(以下、PJ)は、シリアの若者に日本での教育機会を提供するため、10月13日からクラウドファンディングを実施いたします。

▼いまだ希望が見えないシリアの若者に日本で教育の機会を提供したい
https://camp-fire.jp/projects/view/488621

シリアでは、内戦が始まってから10年経った現在も将来の希望が見えずにいる若者がたくさんいます。度重なる内戦により教育環境が破壊され、何百万人もの子どもたちが学校に通えなくなってしまいました。多くの子どもや若者が、希望する初等教育や高等教育を受けられない状況にいます。さらに、アフガニスタンでも8月に発生した政変で混乱と政情不安が広がっており、多くの若者の教育が脅かされようとしています。PJはこれまでシリア難民を対象に受け入れを進めてまいりました。しかし、今回の政変を受け、たとえ人数は多くなくともアフガニスタンの人々にも希望の道筋を示したいと考え、急遽対象国を広げることを決めました。

苦境に立たされている若者たちを1人でも多く日本に迎え入れ、教育機会を提供するため、PJはクラウドファンディングを実施いたします。2021年度の受け入れはシリア・アフガニスタンの留学生3名を目指し、目標金額は330万円とさせていただきました。皆様からいただいたご寄付は留学生たちの受け入れや日本での生活の立ち上げ、そして将来の夢の実現に繋がります。皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

【留学生Interview】「夢を追いかけていいんだよ」と女の子たちに伝えたい-目指すのは平和構築への貢献

シリア出身のスザン(Pathways Japan二期生)へのインタビューを公開。
2018年来日し、日本語学校に2年間在籍後、都内の大学院で平和学を学ぶ彼女の思いを聞いた。

【留学生Interview】「夢を追いかけていいんだよ」と女の子たちに伝えたい-目指すのは平和構築への貢献