日本・ウクライナ教育パスウェイズ

JAPAN-UKRAINE EDUCATION PATHWAYS

Photo provided by ICU

パスウェイズ・ジャパンは、パートナー団体及び大学・日本語学校と協力して、ロシアのウクライナ侵攻により母国にいられなくなったウクライナ人学生及びその家族の日本への受け入れと定住を支援します。それぞれのプログラムについての詳細をご覧の上、ご応募ください。

Pathways Japan and its partner institutions will coordinate with universities and language schools in Japan to admit and support Ukrainian students and their families who have fled their homes as a direct consequence of the Russian invasion.
Please read the description of the programs below and apply.


パートナー団体 / Partner Institutions


受け入れ機関(3月18日現在)

■大学
国際基督教大学(東京都)

■日本語学校
仙台国際日本語学校(宮城県)
日本国際工科専門学校(千葉県)
京都民際日本語学校(京都府)

国際言語文化センター附属日本語学校(ICLC)(沖縄県)
 「ウクライナ学生支援会」参加の以下の各日本語学校
メロス言語学院(東京都)
カイ日本語スクール(東京都)
日本語センター(京都府)

清風情報工科学院(大阪府)
コミュニカ学院(兵庫県)
神戸住吉国際日本語学校(兵庫県)
専門学校湖東カレッジ(熊本県)

Host Institutions (As of March 18, 2022)

■ Universities
International Christian University (Tokyo)

■ Japanese Language Schools
Sendai International School of Japanese (Miyagi)
Japan International Institute of Cybernetics (Chiba)
Kyoto Minsai Japanese Language School (Kyoto)
International Center of Language & Culture Institute of Japanese Language (ICLC) (Okinawa)
Member schools of “Japanese Supports for Ukrainian Students (JSUS)” as below
Meros Language School (Tokyo)
KAI Japanese Language School (Tokyo)
Nihongo Center -Japanese Language School (Kyoto)
Seifu Institute of Information Technology (Osaka)
Communica Institute (Hyogo)
Kobe Sumiyoshi International Japanese

LanguageSchool (Hyogo)
Coto College (Kumamoto)