Home-JP

News&Topics

まとめ:アフガニスタンからの退避支援の取り組み

Vision

誰もが自身の力で
未来を切り拓ける世界

Mission

受け入れ

世界各地で難民の状況となった人々を受け入れ、主体的に日本社会の一員となることができるようサポートする。

教育支援

市民社会の多様なパートナーとの協力により、難民の状況となった人々に、日本で高等・専門教育を受ける機会を作り、提供する。

社会づくり

難民の経験を持つ人々を、広く社会へ受け入れる環境・仕組みを、日本やアジアで創りだしていく。


Message

パスウェイズ・ジャパンは、難民支援協会の「シリア難民留学生受け入れ事業」を6年目となる2021年7月に引き継ぎ、教育を通じて難民の新しい道を拓くことを目指し、活動を開始しました。2020年末、世界の難民・避難民は8200万人を超えています。緊急期に支援を必要とする人がいる一方、「支援」に頼らず未来を切り拓こうとする人たちも多くいます。

パスウェイズ・ジャパンは、過去5年間のシリア難民留学生受け入れを通じて、機会さえあれば、新たな土地ここ日本で、自らの未来を切り拓くたくましい彼・彼女らの姿を見てきました。もちろん、留学生にとって、日本語や日本の文化・習慣を短期間で習得することは容易ではありません。しかし、そうした困難一つ一つを、時に国境を幾度も越えて生き抜いてきた力で、留学生達は乗り越えてきました。また、その奮闘に共感し、東北から沖縄まで、留学生を受け入れ支えようとする人々とのつながりが広がってきました。

団体名「パスウェイズ・ジャパン(Pathways Japan,PJ)」には、国外から日本への道筋(Pathways)、そして難民となる経験を経た若者たちの未来への道筋という思いを込めました。私たちは、機会を掴もうとする若者を応援したいと考える、より多くの方々と共に、この思いを実現することを目指します。
パスウェイズ・ジャパン
 代表理事 折居 徳正

Projects

|高等教育のための奨学金提供

日本国内で、難民の経験を持つ人々の大学学部・大学院への進学を支援するため、基金を設立・運用して奨学金を提供します。様々な大学や教育機関と協力しながら、高等教育の機会を拡げていきます。

|日本社会への受け入れ

難民の状況となった人々を国外から日本に受け入れて、日本語教育と生活基盤づくりの支援、キャリアカウンセリングを行います。そして各地の受け入れコミュニティとの繋がりを拡げていきます。

|就労と自立の支援

国外から受け入れられた難民の経験を持つ人々に、就職活動や就職に関する情報や機会の提供を行います。また、難民の経験を持つ人々を含めた国際人材の雇用を進める企業等とのネットワーキングを行います。

|普及とアドボカシー

日本及びアジアにおいて、難民の状況となった人々の受け入れに関する理解の促進、社会環境の整備、そして制度構築を促進します。そのために、シンポジウム開催、講演、国際会議への貢献、メディアを通じた発信等を行います。

【実績】シリア難民留学生受け入れプログラム
 受け入れ期間:2017年〜2021年(第1フェーズ)
 応募者募集地:トルコ共和国
 受け入れ地域:宮城、千葉、東京、京都、沖縄
 受け入れ人数累計:31名(うち7名は2021年度来日予定)
 協力団体:世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、Japan ICU Foundation(JICUF)(米国)
※難民支援協会実施の事業を承継

Donate

当団体の活動は、皆さまのご支援により支えられています。紛争や迫害で国を追われた難民の若者たちに、日本で高等教育を受け、就職して社会で活躍するための新しい道を切り拓く。そのために皆さまの力を貸していただけませんか。寄付のご希望は、以下の問い合わせフォームより随時お受けしております。

About

団体名 パスウェイズ・ジャパン(Pathways Japan PJ)
設立 2021年7月7日
所在地 東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4F
TEL 050(3550)0464
評議員 井内 摂男(会社役員)
功能 聡子(ARUN代表)
藤田 直介(弁護士)
理事 折居 徳正(代表理事)
石井 宏明(難民支援協会理事)
鈴木 真代(Social Connection for Human Rights共同創設者)
監事 根本 剛史(弁護士)
戎井 重樹(公認会計士)

難民の受け入れ、団体への寄付のご希望、
取材のご依頼等はこちらよりお願いします