日本・ウクライナ日本語学校パスウェイズ

JAPAN-UKRAINE LANGUAGE SCHOOL PATHWAYS

Photo from the Japan International Institute of Cybernetics

日本ウクライナ日本語学校パスウェイズは、ロシアの軍事侵攻により祖国を離れざるを得なくなったウクライナの学生及びその家族を日本語学校に受け入れるプログラムです。応募資格・方法をご確認の上、ご応募ください。

Japan Ukraine Language School Pathways is a program for admitting students who have fled Ukraine due to the Russian invasion of Ukraine to language schools in Japan. Please read the eligibility requirements and application guidelines below before applying.


プログラムの概要

受け入れが決まった学生は、提携日本語学校に入学し、2年間の日本語コースを受講します。(提携校に関する情報は下にあります。)
学生には以下の支援を提供します。

  • 日本への渡航費
  • 学費
  • ビザや居住許可取得のサポート
  • アルバイトや住居の紹介

学生はアルバイトをして生計を立てます。住居は準備しますが、家賃はアルバイトから得た収入で学生が支払う必要があります。2年間のプログラム終了後は、大学・大学院に進学、または就職することが期待されます。

Program Overview

Accepted students will be placed in one of the Japanese language schools across Japan. (Information on host institutions are provided below.) The students will be invited to complete a two-year program to study Japanese intensively.

The program will provide the following:

  • Airfare to Japan
  • Tuition 
  • Support for visa issuance and residence permit
  • Introduction of part-time job opportunities and housing

Students will be able to work part-time and will support themselves. Housing will be prepared, but the student will be responsible for paying rent with the income from part-time work.
After completion of the program, students are expected to apply to universities/graduate schools or find employment.


応募資格

  • 高等学校を卒業した方
  • ウクライナ国籍保持者及び難民等本国への帰還が困難な外国人在留者
  • 2月24日以降にウクライナを出国して周辺国等にいる方及び及び国内に留まる方
  • 日本語をの学習中・学習経験のある方、または日本に家族・親戚がいる方
  • 日本語学習経験のある方(JLPT N4レベル以上)については高卒28歳以下、大卒35歳以下
  • 家族がいる方も応募可能

Eligibility

  • Must have graduated from high school (Some schools require that candidates have graduated from university)
  • Ukrainian nationals and foreign nationals who are unable to return to their home countries
  • Applicants inside and outside of Ukraine are eligible. If outside Ukraine, must have left Ukraine after the Russian invasion on February 24, 2022.
  • Must have studied/be studying Japanese OR have relatives who reside in Japan
  • Age limit for applicants with Japanese proficiency (JLPT N4 or higher): 28 for high school graduates, 35 for university graduates
  • Age limit for applicants without Japanese proficiency: 26 for high school graduates, 33 for university graduates
  • Students who are married and/or have children may apply.

応募方法
下のリンクよりオンライン応募フォームを提出してください。Submittableというアプリのアカウントを作成していただく必要があります。第一次募集の締め切りは2022年4月3日(23:59 CET)です。

How to Apply
Please submit the online application form. Please submit the online application form via Submittable. The link is below. Please note that you will have to create an account on Submittable to see the full application. The application deadline for the first cycle is April 3, 2022 (23:59 CET).


提携日本語学校 / Partner Language Schools

仙台国際日本語学校(宮城県)

日本国際工科専門学校(千葉県)

京都民際日本語学校(京都府)

国際言語文化センター附属日本語学校(ICLC)(沖縄県)

 ♦︎以下は「ウクライナ学生支援会」に所属する日本語学校

メロス言語学院(東京都)

カイ日本語スクール(東京都)

日本語センター(京都府)

清風情報工科学院(大阪府)

コミュニカ学院(兵庫県)

神戸住吉国際日本語学校(兵庫県)

専門学校湖東カレッジ(熊本県)


お問い合わせ / Inquiries