高等教育支援事業「渡邉利三国際奨学金」Higher Education Support Project “The Toshizo Watanabe International Scholarship”

パスウェイズ・ジャパンの「高等教育支援」事業は、日本で暮らしている難民や、難民の状況となって国外から日本に受け入れられた人々の内、進学機会の限られている人々に対して、渡邉利三国際奨学金にによって高等教育の機会を提供しています。

渡邉利三国際奨学金は、難民の状況になった人々の高等教育への進学率が、全世界で6%と、一般の若者に比べて著しく低いことから、寄付者渡邉利三氏の強い意志に基づいて設立されました。難民の状況となった人々の大学への進学を支援し、高等教育を受ける権利と機会が制限されている状況の改善と卒業後の就職、そして若者達の夢の実現に寄与することを目的としています。

Pathways Japan’s “Higher Education Support” program provides higher education opportunities through the Toshizo Watanabe International Scholarship to refugees living in Japan or those who have been admitted to Japan being in refugee-like situations and have limited opportunities for higher education.

The Toshizo Watanabe International Scholarship was established based on the strong will of the donor, Toshizo Watanabe, in response to the fact that the percentage of people with refugee status who go on to higher education is 6% worldwide, which is significantly lower than that of the general youth population. The purpose of the scholarship is to help people with refugee backgrounds to go on to university, to improve the situation that limits their rights and opportunities to receive higher education, to help them find employment after graduation, and to help them realize their dreams.

2023年度渡邉利三国際奨学金 奨学生募集(締切2023年1月25日20時)
The Toshizo Watanabe International Scholarship for Academic Year 2023 Call for Applications (Deadline: January 25, 2023, 8:00 p.m.)

2023年度の渡邉利三国際奨学金の募集を、2022年12月5日(月)から2023年1月25日(水)まで行っています。この奨学金は、未だ安定した在留資格を得ていない難民の若者達を対象に、大学・大学院進学のための奨学金(学費等と生活費補助)を提供する、日本では数少ないプログラムの一つです。シリア、ミャンマー、アフガニスタン、ウクライナ等、最近の紛争や迫害で日本に逃れざるを得なかった、あるいは帰国が困難となった多くの若者達に、未来への道筋を提供します。

Applications for the Toshizo Watanabe International Scholarship for 2023 are being accepted from Monday, December 5, 2022 to Wednesday, January 25, 2023. This scholarship is one of the few programs in Japan that provides scholarships (tuition and other fees and subsidies for living expenses) for young refugees who have not yet obtained stable residency status to pursue higher education at universities and graduate schools. It provides a pathway to the future for many young people from Syria, Myanmar, Afghanistan, Ukraine, and other countries who have been forced to flee to Japan due to recent conflicts and persecution, or who find it difficult to return home.

奨学金設立に寄せた渡邉利三氏からのメッセージ
Message from Mr. Toshizo Watanabe on the Establishment of the Scholarship

この奨学金設立に際して、寄付者渡邉利三氏から寄せられた、難民の経験を経た若者達へのメッセージをお届けします。

私は多くの難民を受け入れてきたアメリカで長い間仕事をしてきました。祖国を逃れ、難民としてアメリカで高等教育を受け、アメリカの社会に溶け込んで活躍してきた人たちを私はたくさん見てきました。アメリカはベトナムからの難民を多く受け入れ、彼らに高等教育の機会を与え、多くの難民たちがアメリカの社会で活躍しています。2022年3月に亡くなったアメリカ初の女性国務長官オルブライト女史は東欧からの難民でした。彼女は難民の子供としてアメリカで高等教育を受け、のちにクリントン政権で国連大使、そして、国務長官として活躍しました。

日本は長い間難民を受け入れない国でしたが、私は日本へ逃れてきた難民の人たちも、日本で高等教育を受ける機会を与えられることにより、日本社会でも活躍できることを皆さんに証明してもらいたいのです。私は日本が他の先進国並みに多様性を受け入れる国になることを願ってこの奨学基金を創設しました。皆さんは日本で高等教育を受けたのち日本社会で活躍するかもしれません。また、将来、祖国に帰って活躍するかもしれませんが、それはそれで結構です。しかし、いずれにせよ皆さんが日本と祖国の架け橋になることを私は望んでいます。

皆さんの夢が何であれ、自分自身のものにしてください。

渡邊利三

On the occasion of the establishment of this scholarship, we would like to share with you a message from the donor, Mr. Toshizo Watanabe, to the young people who have gone through the refugee experience.

I have worked for a long time in the United States, which has hosted many refugees. I have seen many people who fled their home countries, received higher education in the U.S. as refugees, and have integrated into American society. The U.S. has accepted many refugees from Vietnam and provided them with opportunities for higher education, and many refugees are active in American society. The first female Secretary of State, Ms. Albright, who died in March 2022, was a refugee from Eastern Europe. She received her higher education in the U.S. as a child of refugees and later served in the Clinton administration as Ambassador to the United Nations and then as Secretary of State.

Japan has not accepted refugees for a long time, but I want you to prove that refugees who have fled to Japan can also play an active role in Japanese society if they are given the opportunity to pursue higher education in Japan. I have established this scholarship fund in the hope that Japan will become as accepting of diversity as other developed countries. You may be active in Japanese society after completing your higher education in Japan, or you may return to your home country in the future and play an active role there, and that is fine. But in any case, I hope that you will become a bridge between Japan and your home country.

Whatever your dreams are, please make them your own.

Toshizo Watanabe

プログラムの概要 Program Overview

■奨学金給付内容 Scholarship Benefits
(1)学費
年額170万円以内(施設管理・維持費、実験実習費等その他教育機関が必要とする経費については、経済状況に応じて個別に支給を決定します。)
※応募時点の経済状況や他の奨学金等の受給状況を考慮の上、支給額を決定します。

(2)規定に基づく生活費補助
学部1-2年:月額最大7万円
学部3年:月額最大6万円
学部4年及び大学院:月額最大5万円
※応募時点の経済状況や他の奨学金等の受給状況を考慮の上、支給額を決定します。

※給付型奨学金のため返済は不要。
※他の奨学金との併用:併用可。また、他の奨学金等の獲得の努力を奨励、評価します。

(1) Tuition and Fees

  • 1,700,000 yen or less per year (Other expenses required by the educational institution, such as facility management and maintenance fees, laboratory training fees, etc., will be determined on a case-by-case basis depending on the financial situation).
    *The amount of the scholarship will be determined after taking into consideration the applicant’s financial situation at the time of application and receipt of other scholarships, etc.

(2) Subsidy for living expenses in accordance with regulations

  • 1-2 years of undergraduate study: up to 70,000 yen per month
  • Undergraduate 3 years: up to 60,000 yen/month
  • Undergraduate 4 years and graduate: up to 50,000 yen per month

*The amount of the scholarship will be determined after taking into consideration the applicant’s financial situation at the time of application and receipt of other scholarships, etc.
*Not required to repay the scholarship as it is a benefit-type scholarship.
*Combination with other scholarships: Combination is possible. Efforts to obtain other scholarships, etc. will be encouraged and evaluated.

応募資格 Eligibility

次の各項のすべてに該当する人。

  • 難民の背景を持っている人で、定住の在留資格を持っておらず、留学、特定活動、技術・人文知識・国際業務、家族滞在等の在留資格で日本に暮らしている人。
    (以下のいずれかに該当する人)
    *外国政府または日本国外の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によって、難民として認定されるか、国際保護の対象となっていた人
    *補完的受け入れ(Complementary Pathways)プログラムを通じて日本に受け入れられた
    *紛争や政変等で祖国への帰国が困難となっている人
  • 外国もしくは日本において学校教育における 12 年の課程を修了した人、または入学しようとする年の 3 月までに修了見込みの人、またはこれらと同等以上の資格があると奨学生選考委員会が認めた人
  • 経済的な理由等によって日本で高等教育への修学が困難な人
  • 高等教育を受け、卒業後就職するのに必要な日本語とその他の語学力を持っており、その証明となる試験のスコアを提出可能な者
    *日本語での学部受験:日本留学試験(EJU)または日本語能力検定試験(JLPT)の受験必要科目
    *英語での学部受験:必要な英語力を証明する試験とJLPT N5-4程度以上、または同等の資格
    *大学院受験:必要な英語力を証明する試験とJLPT N5-4程度以上、または同等の資格
  • 本奨学金の奨学生採用の前後を問わず、大学または大学院に合格した者

A person who meets all of the following criteria

  • A person with a refugee background who does not have a status of permanent residence and is living in Japan with a status of residence such as Student, Designated Activities, Engineering/Humanities/International Service, or accompanied family.
    (A person who falls into one of the following categories)
    * Persons who have been recognized as refugees or granted international protection by a foreign government or the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) outside of Japan.
    * Those accepted into Japan through the Complementary Pathways Program.
    * Those who are unable to return to their home country due to conflict or political upheaval.
  • Completion of 12 years of formal education in a foreign country or Japan, or expected to complete such education by March of the year of admission, or those who are recognized by the scholarship selection committee as having equivalent or better qualifications.
  • Those who have difficulty in attending higher education in Japan due to economic or other reasons.
  • Applicants must have the basic Japanese language and other language skills necessary for employment after graduation from higher education.
    * Undergraduate applicants whose academic language medium is in Japanese: EJU (Examination for Japanese University Admission for International Students) or JLPT (Japanese Language Proficiency Test) required subject
    * Undergraduate applicants whose academic language medium is in English: Tests proving the required English proficiency and JLPT N5-4 level or higher, or equivalent.
    * Graduate applicants: Exam score to prove the required English proficiency and JLPT N5-4 level or higher, or equivalent.
  • Those who have been accepted to a university or graduate school, whether before or after being selected as a scholarship recipient for this scholarship.

応募方法 How to apply

① 募集要項をダウンロードしてよく読み、応募資格を満たしていることを確認する。
② 応募フォームをダウンロードして記入する。
③ 卒業・成績証明、難民の背景を証明する書類、語学力証明書類、経済状況証明書類、推薦状等の必要書類を揃える。
④ 1月25日の締め切りまでにオンライン応募フォームに以上の書類をアップロードして提出する。(締め切りは20時)

① Download and read the application guidelines carefully to ensure that you meet the eligibility requirements.
② Download and fill out the application form.
③ Prepare necessary documents such as proof of graduation/transcripts, proof of refugee background, proof of language proficiency, proof of financial status, letters of recommendation, etc.
④ Upload the above documents to the online application form by the deadline of January 25th.
Upload the above documents to the online application form and submit by the deadline of January 25. (Deadline is 8:00 p.m.)

書類ダウンロード Download Documents

応募フォームへ Application form

2022年度渡邉利三国際奨学金募集報告と奨学生

2022年度は、公益財団法人パブリックリソース財団が実施する「渡邉利三国際奨学基金」について、業務を受託する形で奨学金事業を実施しました。そして、同財団より2021年4月に3名、同年9月より2名、合計5名の難民の背景を持つ若者が奨学金を受領しました。パブリックリソース財団による2022年度募集要項はこちらからご参照ください。

2022年度奨学生概要(パブリックリソース財団による奨学金助成)

在学先
学部 心理学
工学
1
1
大学院 工学
MBA
1
1
研究助成 保健医療 1
性別 女性
男性
1
4
国籍 シリア
アフガニスタン
4
1
移住地 首都圏
関東
関西
2
2
1

2022年度奨学金授与式

2022年4月25日(月)、新型コロナウィルス感染症対策の一環でオンラインとなりましたが、奨学金授与式及びその後の記者会見をパブリックリソース財団との共催にて行いました。当日は在京の複数のメディア関係者の参加があり、ウクライナ避難民への奨学金供与の可能性を含めて、今後の展開に関する質問が多く寄せられました。
受賞式の詳細はパブリックリソース財団のウェブサイトに掲載されていますので、ぜひこちらからご参照ください。

開催概要

日時:2022年4月25日(月)15時~16時30分
方法:オンライン対象者:メディア及び招待
プログラム:奨学金プログラム報告と選考委員会からの総評
奨学金プログラム報告と選考委員会からの総評
贈呈所授与と奨学生スピーチ
寄付者渡邉利三氏ビデオレター
来日を待つウクライナ留学生からのビデオメッセージ
シンポジウム:「奨学金が難民支援に果たし得る役割」
【シンポジスト】加藤暁子(公益財団法人AFS日本協会理事長/ 日本の次世代リーダー養成塾)、小川玲子(千葉大学教授)、スヴィドラン・オレナ(日本ウクライナ友好協会KRAIANY)

受賞記念スピーチで、多くの人々への感謝と学業での研鑽の決意を語ったシリア留学生
日本への避難後に高等教育を受けたいと希望を語るウクライナからオンライン参加の留学生