高等教育支援

「高等教育支援」事業は、日本で暮らしている難民や、難民の状況となって国外から日本に受け入れられた人々 の内、進学機会の限られている人々に対して、奨学金の供与を通じて高等教育の機会を提供しています。

この事業は、難民の状況になった人々の高等教育への進学率が、一般の若者に比べて著しく低いことから、難民の大学への進学を支援し、難民難民等であることによって高等教育を受ける権利と機会が制限されている状況の改善に寄与することを目的としています。

2022年度渡邉利三国際奨学金募集報告と奨学生

2022年度は、公益財団法人パブリックリソース財団の事業に協力する形で、「渡邉利三国際奨学基金」による奨学金供与に関り、同財団より2021年4月に3名、同年9月より2名、合計5名の難民の背景を持つ若者が奨学金を受領しました。パブリックリソース財団による2022年度募集要項はこちらからご参照ください。

2022年度奨学生概要(パブリックリソース財団による奨学金助成)

在学先
学部 心理学
工学
1
1
大学院 工学
MBA
1
1
ポストドクター 保健医療 1
性別 女性
男性
1
4
国籍 シリア
アフガニスタン
4
1
移住地 首都圏
関東
関西
2
2
1

2022年度奨学金授与式

2022年4月25日(月)、新型コロナウィルス感染症対策の一環でオンラインとなりましたが、奨学金授与式及びその後の記者会見をパブリックリソース財団との共催にて行いました。当日は在京の複数のメディア関係者の参加があり、ウクライナ避難民への奨学金供与の可能性を含めて、今後の展開に関する質問が多く寄せられました。

開催概要

日時:2022年4月25日(月)15時~16時30分
方法:オンライン対象者:メディア及び招待
プログラム:奨学金プログラム報告と選考委員会からの総評
奨学金プログラム報告と選考委員会からの総評
贈呈所授与と奨学生スピーチ
寄付者渡邉利三氏ビデオレター
来日を待つウクライナ留学生からのビデオメッセージ
シンポジウム:「奨学金が難民支援に果たし得る役割」
【シンポジスト】加藤暁子(公益財団法人AFS日本協会理事長/ 日本の次世代リーダー養成塾)、小川玲子(千葉大学教授)、スヴィドラン・オレナ(日本ウクライナ友好協会KRAIANY)

受賞記念スピーチで、多くの人々への感謝と学業での研鑽の決意を語ったシリア留学生
日本への避難後に高等教育を受けたいと希望を語るウクライナからオンライン参加の留学生

2023年度渡邉利三国際奨学金 奨学生募集予定

2023年度の渡邉利三国際奨学金の募集は、2023年秋を予定しています。この奨学金は、未だ安定した在留資格を得ていない難民の若者達を対象に、大学・大学院進学のための奨学金(学費等と生活費補助)を提供する、日本では数少ないプログラムの一つです。シリア、ミャンマー、アフガニスタン、ウクライナ等、最近の紛争や迫害で日本に逃れざるを得なかった、あるいは帰国が困難となった多くの若者達に、未来への道筋を提供します。募集に関しては、詳細が決まり次第本ウェブページにてご案内します。